改正相続税法(民法)

2018年7月に相続法(民法)の大改正が行われ、その施行日が決まりました。
2019年1月から段階的に施行されます。

残された配偶者や家族が安心して生活を送れるよう、新しい制度が導入されます。
主な改正事項を施行日順にご紹介します。

改正法の施工は日は原則2019年7月1日ですが、一部の規定については施行日が異なります。



2019年1月13日~

自筆証書遺言の方式を緩和する方策

 財産目録をパソコンで作成する、あるいは通帳のコピーや不動産の登記事項証明書を添付するなどの方法により、自筆証書遺言を作成できます。



2019年7月1日~(原則)

遺留分制度の見直し

 遺留分減殺請求によって生ずる権利が金銭債権になります。また、遺留分侵害額の算定の際の相続人への贈与持ち戻しは10年分になります。

遺産分割前の預貯金の払い戻し制度

 遺産分割前であっても預貯金債権のうち一定割合(上限150万円)については、家庭裁判所の判断を経ずに相続人が単独で金融機関において払い戻しできるようになります。

相続の効力等に関する見直し

 遺言等による相続財産で法定相続分を超える部分について、第三者に対抗するには登記等の対抗要件が求められるようになります。

特別の寄与等の規定(一部の規定を除く)


2020年4月1日~

配偶者居住権及び配偶者短期居住権の新設等

 相続開始時に被相続人が所有する建物に住んでいた配偶者が、終身または、一定期間、その建物を無償で使用できる権利です。



2020年7月10日~

法務局における遺言書等の保管

 自筆証書による遺言書を法務局で保管できるようになります。これにより自筆証書遺言書の紛失や改ざんなどのリスクが減り、無用な相続の紛争を防ぐことができます。

 「法務局における遺言書の保管」は「自筆証書遺言の方式の緩和」から1年半遅れての開始です。どちらも自筆証書遺言に関する改正ですが、開始時期が異なります。ご注意ください。



平成29事務年度における相続税の調査の状況

平成29事務年度(平成29/7~平成30/6)における相続税の調査の状況について、12月14日に国税庁より発表になりました。

 

岡山県の状況をまとめてみました。

 

1 実地調査件数及び申告漏れ等の非違件数

相続税の実地調査は、平成27年に発生した相続を中心に実施されました。

岡山県内の実地調査の件数は140件、このうち申告漏れ等の非違があった件数は112件非違割合は80%となっています。

2 申告漏れ課税価額

申告漏れ課税価額の実地調査1件当たりの価額は2,784万円となっています。

3 申告漏れ相続財産の金額の内訳

申告漏れ財産の内訳は、現金・預貯金等が最も多く、続いて有価証券土地の順となっています。

国税庁HPより

 

 

相続税の調査対象の80%が何らかの非違事項があり、平均して約2,800万円の申告漏れ財産があったということになります。

 

預貯金の申告漏れが多いのは、やはり家族名義預金の計上漏れだと思います。

家族名義預金の帰属は、生前中の被相続人のお金の動きや管理方法で判断されます。過去に家族に贈与したつもりが相続財産として課税されることもあります。

 

相続対策をお考えの方は現状の相続財産を確認する際に、家族名義預金の有無について、確認・検討を行う必要があると思います。

 

 

 

 

 

平成29年分相続税の申告状況

平成29年分の相続税の申告状況が、12月14日に国税庁より発表になりました。

 

被相続人数等

岡山県内で平成29年中に亡くなられた方(被相続人数)は21,604、このうち相続税の課税の対象となった被相続人数は1,581人で、課税割合は7.3%となっており、平成28年より0.4ポイント増加となっています。

 

【国税庁HPより】

 

 

平成27年1月1日以降の基礎控除額等の引き下げ(平成25年改正)後、毎年相続税の申告が必要な方が増加しています。

 

相続税の申告が身近になってきています。早めの相続対策を!

 

クリーン作戦~ボランティア清掃活動

岡山市が主催する「美しいまちづくりの日」の清掃活動が11月17日(土)に行われ、岡山東税理士会の一員として参加してきました。

当日は天候にも恵まれ、絶好の清掃日和でした。

税理士会や税務署など総勢206名の参加で、私のグループは岡山駅から岡山東税務署までの桃太郎大通り沿いの歩道の清掃です。

火ばさみを片手にゴミを探すのですがほとんど見当たらず、たばこの吸い殻もわずかしかありませんでした。

岡山の街はゴミも無くきれいな街だと思いました。

清掃活動は1時間でしたが、いろいろな目線で岡山の街が見れて有意義な時間でした。

岡山マラソン完走‼

第4回 岡山マラソンにチャレンジし、無事完走できました。(制限時間10分前ですが…)

7月の終わりに肉離れをしてしまい十分な練習ができなかったのですが、本番前の1カ月の練習で何とか走ることができました。

岡山マラソンの第1回目には37キロ地点で関門突破できなかったため、今回は関門の締め切り時間をチェックし、37キロ地点も締め切り30分前には通過できました。

前回にも思いましたが、応援の方がとても多くて驚きました。そして多くの声援に励まされました。

 

念願の備前焼のメダルと真田紐です。

 

 

スタートは一番後ろのブロックからでスタート地点が見えません。

スタート地点まで7分かかりました。

 

スタートしてすぐ、跨線橋の下り。ランナーの多さがわかります。

日頃走ることができない場所を走れるのは気持ちいいです。

沿道の応援は42キロ絶え間なくあり、元気をもらいました。

今回残念だったのは、31キロ地点のラーメンが食べられなかったことです。前回と違って売り切れではなかったのですが、食べていたら制限時間オーバーになりそうなので諦めました。

第5回目も申し込みます。岡山マラソンの自己ベスト更新を目指して頑張ります。

 

 

相続税の準備は大丈夫ですか?

毎月、20日・30日に無料相談会を岡山駅前オフィスにて開催しています。

9月の相談会では相談の予約を頂きましたが、あいにくの大雨と台風により日時等変更をしていただき、実質、無料相談会は10月からのスタートとなりました。

10月20日は土曜日だったこともあり、多くの方から相談予約を頂き、9時半から17時まで相談にお越しいただきました。

今後も相続税について相談を受け付けております。相続税について、分からないことがあればどんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

お待ちしております。

 

岡山市の広報にも無料相談会のお知らせを掲載しておりますので是非ご覧ください!

大健闘!6時間リレーマラソン

6時間リレーマラソンに吉井財務研究所から吉井社長含む精鋭10人が挑戦!

結果は…

職場対抗部門465チーム中61位!

総合でも参加全840チーム中113位‼

 

大会当日に向け練習した結果、目標の周回数を超える61周を走ることができました。

 

 

最初の1時間は総合154位でしたが、毎時間ごとに順位を上げることができました。

これもチームワークの結果だと思います。

 

 

 

無料相談会中止のお知らせ

本日、予定しておりました「無料相談会」は台風24号の接近につき、中止とさせていただきます。

 

 

10月も20日、30日に「無料相談会」を実施いたしますので、お気軽にお申込みください。

 

 

 

台風が通過するまで、お客様感謝デーのイオン岡山で過ごす方が多いのでしょうか?

付近はイオン岡山へ向かう車で渋滞中です。

 

くれぐれも台風の情報には注意してください。

 

 

相棒のベイルも、朝のうちに散歩を済ませ、台風に備えています。

 

税理士会の研修

9月7日、東京地方税理士会の小林先生の講師による研修「借地権の税務判断」を受講してきました。

借地権は非常に複雑で、事実関係を確認したうえで税務の判断が必要になってきます。

今回の研修は借地権の設定から契約終了までの課税関係について、裁判例・判決例を交えて詳しく説明頂き、借地権の課税関係について再確認できました。