特別寄与制度の創設

亡き長男の妻が,被相続人の介護をしていた場合 には、特別の寄与の制度の創設により相続人以外の被相続人の親族が無償で被相続人の療養看護等を行った場合には,相続人 に対して金銭の請求をすることができるようになります。

今までは、被相続人が死亡した場合,相続人(長 女・次男)は,被相続人の介護を全 く行っていなかったとしても,相続 財産を取得することができる。

他方,長男の妻は,どんなに被相続 人の介護に尽くしても,相続人では ないため,被相続人の死亡に際し, 相続財産の分配にあずかれない。

以前は介護をずっとしてきた長男の嫁がかわいそうですよね。

この改正は良い制度です。