相続手続き」カテゴリーアーカイブ

相続人に未成年者がいる場合の遺産分割

被相続人が亡くなった際に、相続人の中に未成年者がいる場合があります。未成年者がいる場合の遺産分割協議は、親権者である両親が法定代理人となって手続きをできない場合が多いです。

そこで、未成年者の遺産相続はどうするのか、特別代理人とは何かを説明します。

 

※甥っ子を引っ張る相棒のベイル!

続きを読む

配偶者居住権

遺産分割の方法などを定めた相続分野の規定を見直す民法改正案が19日、衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決され、参議院に送付されました。

 

残された配偶者が自宅に住み続けることができる配偶者居住権などの新設が柱となっています。相続制度の大幅な見直しは約40年ぶりです。

続きを読む